有料老人ホームの種類

  • 老後は有料老人ホームに行く既定路線ではない

    • 老後の生活を考える上で重要なのは、住む場所です。



      大きな家でそのまま暮らす事が辛くなってくる場合があり、そうなると、小さなアパートなどを借りて生活するという方法もありますが、多くの方の脳裏に浮かぶのが、有料老人ホームではないでしょうか。

      有料老人ホームは確かに、施設でのお世話も期待できますし、病気の場合には様々なケアが行えるため、安心して入所し生活できます。



      しかし、本当に有料老人ホームへ行く事が正しいのかといえば必ずしもそうではありません。

      家族の理解がある場合や、家族への愛情が強い場合に入所すると家族との関係が切れてしまい、結果様々な悪影響が見られることになります。

      例えば認知症を発症した状態で入所となると徘徊などのリスクは軽減できますが、その一方で症状が悪化する事があります。



      また、他の人とあまり上手く関われない場合は、心理的な負担が大きくなるとともに、孤独化を促すことになります。そのため、家族の負担が大きくはなりますが、在宅で生活し続けることも選択肢として考えるべきと言えます。



      老後を見据えてしっかりと運動習慣を付ける事で、出来るだけ介護負担にならないような努力が必要ですが、家族と住み慣れた家で暮らす事は人の心理状態の安定に大きく影響しますし、生活の質を維持する事が出来ます。



      病気の場合であっても在宅看護や介護が適応になる例は非常に多いので、出来るかどうかがわからないのであれば適切な情報提供を受けながら、一度取り組んでみる事をお薦めします。



  • 関連リンク

    • 老後の生活を考える上で重要なのは、住む場所です。大きな家でそのまま暮らす事が辛くなってくる場合があり、そうなると、小さなアパートなどを借りて生活するという方法もありますが、多くの方の脳裏に浮かぶのが、有料老人ホームではないでしょうか。...

    • 有料老人ホームで受けることが出来るサービスは、それぞれの施設によって違いがあります。リハビリに力を入れている施設や、レクリエーションに力を入れている施設もあります。...