有料老人ホームの種類

  • 有料老人ホームの選び方を考える

    • 現在、高齢者介護が社会問題になっています。


      日本は4人に1人が高齢者になる時代に突入しました。
      高齢者施設は巷にあふれるほどありますが、特別養護老人ホームなどは現在100人待機などが当たり前になっています。
      また有料老人ホームも乱立する中で、本当に良い施設を選ぶにはどうしていいか、ほとんどの高齢者、その家族は悩んでいます。



      ここで私が記載する内容は有料老人ホームを選ぶ際の参考にするとよいでしょう。

      有料老人ホームは特別養護老人ホームに比べ、費用が高い分、質の高いサービスを受けることができます。

      学校に言い換えるならば、私立の老人ホームといってよいでしょう。

      その分、施設独自の変化に富んだサービスを提供しています。
      例えば、外出などのアクティビティなどでは、季節に応じて遠くまで医療スタッフの付き添いでバスハイクなども楽しむことができ、個別の買い物などにも連れて行くことができます。また食事なども栄養士やレストランなどと提携し、質の高い料理を提供します。



      最近では、体験利用などで、1週間ほど家族も一緒に泊まって、施設のサービスを見学できるところもあります。



      このように、施設同士が様々な取り組みをして、競争することで介護の質をあげる取り組みを行っています。



      今は利用者、家族が施設を選ぶことができる時代です。
      まずはしっかり、見学、体験利用をして、職員の介護の質や施設環境を見て、その施設が本当に自分に合っているかを検討してください。



      また、その後施設に興味を持った場合は詳細を聞くために、有料老人ホームの生活相談員やケアマネージャーに話を聞くと良いでしょう。



  • 関連リンク