有料老人ホームの種類

  • 有料老人ホームの選び方について

    • 現代の日本は急速な高齢化が進んでおり、全人口の4人に1人が65歳以上となっています。
      そのような超高齢化は社会問題にもなっています。



      今の世の中、介護保険法も整備されていて、様々な介護サービスがありますが、都市部では老人ホーム、特に特別養護老人ホームの入所が100人待機、200人待機が当たり前となっています。



      運よく順番が回ってきて施設入所できる人はごく一握りの人でしかありません。



      そのような中で有料老人ホームという選択肢もありますが、いまだ高齢者やその家族が有料老人ホームというものがどのようなものなのか認識度が低いのが現状です。



      ここでは有料老人ホームがどのようなものなのか、また選び方について簡単ですが、説明したいと思います。



      子供の学校に置き換えて、簡単に説明すると、特別養護老人ホームが公立の学校と考えるならば、有料老人ホームは私立の学校だと考えてもらえれば良いです。


      費用が高い分、質の良いサービスを提供してもらうことができ、また医療サービスなどの連携も充実しており、高齢者が末期になっても安心して施設で生活することができます。また施設独自のサービスも実施しており、オプション機能なども備わっています。
      特に外出などに関しては、個別での買い物に連れて行ってもらったり、医療従事者を連れての旅行などのサービスを実施しているところもあります。


      また、栄養面についても専属の栄養士や一流レストランと提携して、質の高い料理を提供している施設もあります。
      施設を選ぶ際に重要なのは高齢者がどれだけ安心して余生を過ごすことができるかです。
      そのため、体験利用などを繰り返して、たくさんの施設を見学することが大切です。

      また今は家族も高齢者の同伴で泊まり、サービスを体験することができます。



      高齢者やその家族が施設選びの目を自分自身で養うことが非常に重要でしょう。

  • 関連リンク